特商法を設定する目的や内容を確かめる必要性

NO IMAGE

せどりや転売ビジネス、ネットショップ運営には必要不可欠

最近ではインターネットの普及とともに通販サイトでの取引が主流で、仕入れや売却を自宅で完結させることもできるようになりました。
しかし、ネット上での取引は対面ではないため相手の顔が分からなくて不安になり、特商法はトラブルを防ぐために守るべきルールとして設定しています。特商法で定められている内容は販売元を特定し正確な情報を発信し、利用者から信用されるようにすることです。利用者は特商法による表記があるか確かめて利用する仕入先を選び、偽物を手に入れて損をすることや不良品を届けられてトラブルが起きないようにすると安心できます。
特商法は消費者庁が定めたルールになり、消費者問題が起きないようガイドラインを定めています。

禁止されている内容を理解しよう

特商法で禁止されている内容は商品の紹介で誇大広告を流したり、相手の意思に反して訪問販売で購入させたり売買契約を延長するなどの行為です。
誇大広告は商品の魅力を伝えるために数字を水増ししてアピールすることで、実際に受け取って信用を失えば悪評を流されチャンスロスにつながります。せどりは写真や説明文などで紹介されている内容とは異なる商品を入手すると買い手に売れなくなり、代金を支払って返品や交換ができないと一方的に損をしたり信用を失うことになります。

特商法はこのようなトラブルを防ぐために設定され、責任を持って取引を行うようにしないと信用を失い売れなくなり逆効果です。また、住所や代表者の名前、連絡先、メールアドレスだけでなく、個人情報に関する取り扱いをきちんと明記する必要があります。

信用を裏切らないように責任を持つことが重要

せどりや転売ビジネス、ネットショップの運営はパソコンやスマホがあればスキマ時間にできますが、相手のニーズに応える必要があります。
特商法は安心して取引を行うために設定されているため、事前に確認をしてから仕入れや売却をすることが大事です。信用を裏切る行為はチャンスロスになりなおかつ悪評を流され、仕入れても売り手が見つからなくなることやサービスを利用できなくなります。

このため、SNSやメールで相手の要望を聞き、きちんと応えられるようにすれば信用されてリピーターを確保できて効果的です。
特商法は消費者トラブルを防ぐための基本的なルールであり、適用範囲を確かめより多くの利用者に信頼されるよう目的を決める必要があります。